ピアスと電気的身体安全

 有明高専ではピアスは校則違反で禁止です。ダメですよ。

 でもこちらに来るまでは、ピアスは特に気にしたことなかったです。九州では流行ってるんですか~? まあ、日本は広いからなあ。

 私はピアスの人が近くにいると、「電気的に」安心します。誤解を招かないように説明しましょう。そう、説明しよう!!

 まず第一に、天気が悪くて雷が落ちて来そうな場合を想定しましょう。ピアス、つまり金属を比較的高い位置につけている人には、優先的に雷すなわち気中放電が落ちてきます。ピアス金属から発する電気力線が雷に、おいでおいでと手招きしている姿が見えます。そう、div D = ρ。かつてファラデーさんの目に見えたように。

 というわけで、ピアスな人が近くにいてくれると、私には雷が落ちてこないので助かるのです。私は金属製のメガネをかけていますが、いざとなればメガネは簡単に外せば良いのです。視界が悪くなりますが、命には代えられませんしね。

 次に、ハイテクな怖い人達に追われている場合を想定します。私とピアスをしている人が彼らから逃げて、深い森の中に隠れたとします。

 追いかけてくる怖い人達はハイテクな人達なので、電磁波を発して金属探知を行います。レーダーですね。すると、ピアスは一発で見つかってしまいます。電磁波は金属に反射して返って来ますから。このときの私は、メガネを投げ捨てて隠れています。メガネは高いんですけど、命には代えられません。

 最後に、ナゾの宇宙人から、電磁波、中でもマイクロ波を発射された場合を考えます。電子レンジと同じ作用で、ピアスは高温となり、耳は大やけどしてしまいます。もちろん、私はメガネを投げ捨てています。メガネさん、再々ゴメンナサイ。命には代えられないのです。

 子曰く、「身體髮膚、之を父母に受く。敢えて毀傷せざるは、孝の始めなり。身を立てて道を行い、名を後世に揚げ、以て父母を顕すは、孝の終わりなり。」

ですよね~。

 まあそんなことより、GWの間に仕事の貯金ですよ。貯金。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA