CVD装置移設への旅(その2)

 社会見学もそこそこにして、移設作業に入りました。装置の計器類を取り外し、電気配線も外しました。電気系の学生さんですから、お手の物でした。私は見ている人でした。

運びやすいように部分的にバラしています。
電気配線を外しています。

 各装置の資産価値は、家一軒建つくらいですので、木枠で厳重に固定しました。この作業は一同見ているだけでしたが、さすがプロの業です。仕事が早かったです。

業者さんが、移設装置2台をそれぞれ、木枠に梱包します。
あっという間に木枠梱包が終わりました。さすがです。

 4tトラックにピッタリ収まりました。メジャーで簡単に計測しただけなのに、ピッタリ収納するなんて、さすがです。そして、トラックは遠路有明へと発ちました。

装置を載せて、トラックはいざ有明へ!!

 こちらは飛行機で一足早く帰って、トラックを迎えなければなりません。飛行機の時間の前に、北国最後の腹ごしらえです。

一仕事終えた後の、喜多方ラーメンです。

仙台空港から飛行機に乗り、仙台を後にしました。眼下はまだ雪景色でした。

飛行機で北国を後にし、有明でトラックを迎えます。
お土産は「ほや」です。ファミリーが好きなもので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA