発表(一日目)です

 IVC-22@札幌です。初日9/12(月)は早速、私の口頭発表と学生さん(5E 古賀君)のポスター発表でした。私がまず露払いをしてですね、夕刻の古賀君がメインとなりました。

 会場の札幌コンベンションセンターは、ガチな国際会議場で、とても立派な建物です。こういうところでしゃべらせて頂くのは光栄ですね。

 発表は、相も変わらず、適当な準備で適当な英語で済ませました。すいません。資料作りに専念する時間がなかったもので。

 とはいえ、無難にこなせたんじゃないかなーと思います。こういうガチな国際会議で、有名大学の人達に交じって高専の人間がしゃべるというのは物珍しいかと思います。でも、決して負けていませんよ。

 しかしですね、一つネタを仕込んでいたのですが、見事に滑ってしまいました。若干凹みました。

発表開始です。オンラインとのハイブリッド開催なので、マイク使用が必須だったのですが、忘れています(その後すぐ注意されました)。普段の授業のノリのままでした。ハイブリッド方式は慣れないです。写真では人が少ないように見えますが、写っていないところにわりといました。
北海道まで来て何ですが、会場の向かいにコ○ダ珈琲店があったので、発表後の昼食はそこで味噌カツサンドにしました。なお、これは普通サイズです。
夕方のポスターセッションです。古賀君、頑張って説明しています。私は写真係に徹して、すべて彼にお任せです。
90分のポスター時間中、お客さんがひっきりなしです。
どんどん来ました。

 今回はポスター会場と企業展示ブースが混じっていましたので、知り合いの企業さんにご挨拶巡りしました。来年は5E担任として就職活動担当になる予定ですので、求人のお話も兼ねて。高専の人材はどの企業さんも欲しておられました。今は高専の時代なんですね~。

 学生さん達は自由に見学させました。彼らの報告によると、自分自身は全く無名の存在だと自認していたところ、そこそこ名前が売れているのに驚きました。売れているということは、お気楽な無名とは違って、日頃の行動に気をつけなきゃなりませんね・・・。

企業展示では、飲むヨーグルトをたくさん頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA