小市民的生活 ~ プロ野球 ~

 今シーズンのプロ野球が終わりました。ホークスの圧勝で終わりました。

 有明高専に勤務するにあたって、荒尾市に引っ越してきました。当初は大牟田市内を探していたのですが、マッチした物件に出会えず、県境を越えました。

 人生初めての経験となりました。それは何か? 「初めて、プロ野球球団のない県に住んだ」ということです。そう、荒尾市は熊本県です。広島–大阪–福岡(筑豊)–広島–仙台と、何処もプロ野球はありました。

 生まれも育ちも広島県なので、日常はカープと共にありました。「調子が悪い」、「今年はどうか」などという会話の対象は、身体でも天気でも経済でも農作物でもなく、カープです。タクシーに乗ったときの運ちゃんとの会話も、まずカープです。NHKの地域トップニュースもカープで、続いてナイター中継です。会社のお姉さん達が有休を取っていくところは、マツダスタジアムです。私は野球をすること自体は苦手ですが、そんなことは関係ありません。

 「プロ野球のない県の人って、何を楽しみに生きているんだろうか? 何を会話するんだろうか?」と本気で思っていました。すいません。

 でも広島県にはかつて、他球団がキャンプしていました。ホークスです。 

 南海時代に地元呉市にキャンプを張っていたので、なんとなく印象にはありました。しかし当時はパリーグ人気低迷期であり、中でも南海は弱小球団。加えてこんなカープ一色の土地柄ですから、小学校で南海の帽子を被っている友達はいませんでした。

 大阪に親戚がいるので、初めてのプロ野球は小3の夏休みのとき、大叔父とホークス本拠地の大阪球場に日本ハム戦を見に行きました。当時、呉市から広島市の旧市民球場のナイターに行くのは、ちょっと不便だったので。大阪球場は、大阪難波のど真ん中にある、土地の節約から急角度のスタンドが特徴の球場でした。ちなみに後年の大学も大阪を選びました。財布をなくしても、助けてもらえる人がいるからと。そして名前の長い大学は言いにくいから、短いところにしようと。

 試合は、完膚なきまでのボロ負けでした。観客も空席が支配的でした。現在の姿からは想像できませんね。551の豚まんを買って帰りました。

 「カープとホークスの日本シリーズなんてあるんだろうか?」な~んて思ってましたら、近年実現しましたね。福岡のソフトバンクという、常勝球団になって。

 いや、そこまで強くならなくても宜しいですのよ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA